スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長岡のご当地カツ丼

同じ新潟でも、長岡にはタレカツ丼とは異なるご当地カツ丼が存在します。

その名は「洋風カツ丼」。


2010081513030001.jpg


洋風カツ丼とは、お皿にご飯を盛り、その上にトンカツをのせデミグラス風ソースをかけたプレートランチ。

"丼"と名乗っていますが丼ではありません。

「小松パーラー」という洋食店が80年以上前から提供する歴史のあるメニューです。

ただ残念ながら小松パーラーは閉店しています。

今回、「小松パーラー」 の味を踏襲する「レストランナカタ(長岡市坂之上町)」へ。

デミグラ風のソースは、ケチャップベースのオリジナルのソースで小松パーラーのレシピということ。

早速いただきました。

正直、ソースが重い。ケチャップなどを小麦粉でのばして作ってるのでしょう。

そのため口の中でモタつく感じです。

80年も前のこと。おそらく長岡でも手に入りやすい材料で、デミグラスソースを真似て作ったソースと想像されます。

どこか懐かしさはありますが、このままの形で東京でやっても難しいと感じました。

発祥したその地でいただくことに意味のあるご当地メニューでした。
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

Lagoon International Inc  阿部信明

Author:Lagoon International Inc 阿部信明
東京在住15年。
ホームタウン新潟市で子供の頃から食べていた“新潟のカツ丼”が東京でも食べたくてお店を探したところ1件も無い!?

事業開発やマーケティングが専門分野だとはいえ、飲食業経験ゼロの私が、ただただ自分が食べたいだけの一心で業態開発を決意!!

多くの方々の協力を得て、「新潟カツ丼 タレカツ」を07年6月、千代田区神保町にオープン。

そこでこのブログでは、タレカツの経営者であると同時に経営コンサルタントでもある私が、「ご当地グルメ」「東京での飲食店開業」という貴重な経験をお伝えしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。