スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「低価格化」は本当に短絡的なマーケティング手法なのか?

川口キャラ店のドリンクセットの価格を、これまでの100円から90円へと変更したのが11日の水曜日。

2010081110110000.jpg

もちろん原価率は上がりますが、丼やカレーなどとセット購入いただくので全体の原価率の上昇は数%程度に抑えられています。

またそれ以上に客単価と売上高が上昇しています。


丼やカレーなどとセットドリンクで注文する比率は、前日火曜日で8.8%、日曜日で13.3%。

ところが水曜日は26.3%、昨日木曜日で31.4%と 3倍に跳ね上っています


私はこれまで「低価格化」は、マーケティングの手法として最も短絡的で最終手段であると考えていました。

タレカツ丼の390円と今回のセットドリンクの価格見直しの結果をうけ、業態特性や顧客の購入動機、競合環境から、場合によっては販促のための「低価格化」は効果的かもしれないと考えを改めつつあります。

とは言え、客単価の上昇や収益の向上という結果が伴う場合に限りますが。
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

Lagoon International Inc  阿部信明

Author:Lagoon International Inc 阿部信明
東京在住15年。
ホームタウン新潟市で子供の頃から食べていた“新潟のカツ丼”が東京でも食べたくてお店を探したところ1件も無い!?

事業開発やマーケティングが専門分野だとはいえ、飲食業経験ゼロの私が、ただただ自分が食べたいだけの一心で業態開発を決意!!

多くの方々の協力を得て、「新潟カツ丼 タレカツ」を07年6月、千代田区神保町にオープン。

そこでこのブログでは、タレカツの経営者であると同時に経営コンサルタントでもある私が、「ご当地グルメ」「東京での飲食店開業」という貴重な経験をお伝えしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。