スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不況でも人の入る店(その1)

リーマン・ショックを発端する不況は、飲食業界にも大きな影響を与えています。

本店のある神保町界隈の飲食店も、軒並み収益が減少しています。

この状況をただ「不況だから・・・」で片付けてしまっていいんでしょうか?

どんな時期でも確実に客数を増やし売上を伸ばしている店があります。

そのような店を見て、ある共通した特徴があることに気付きました。


ひとつは店構え

大手チェーンのような派手な看板やギラギラした装飾ではない、

どちらかと言えば昭和高度経済成長期に一般的だったような、

ムク材の建具や白熱電球、打ち出しの看板など、

合成材未使用の店構えにお客様が惹かれているように見受けます。

リーマン・ショック後だけに面白い傾向ですね。

まさに飲食業界の「復古トレンド」です。

最近目立ち始めた小規模な居酒屋にその傾向が顕著なようです。


もうひとつの特徴は次回で

スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

Lagoon International Inc  阿部信明

Author:Lagoon International Inc 阿部信明
東京在住15年。
ホームタウン新潟市で子供の頃から食べていた“新潟のカツ丼”が東京でも食べたくてお店を探したところ1件も無い!?

事業開発やマーケティングが専門分野だとはいえ、飲食業経験ゼロの私が、ただただ自分が食べたいだけの一心で業態開発を決意!!

多くの方々の協力を得て、「新潟カツ丼 タレカツ」を07年6月、千代田区神保町にオープン。

そこでこのブログでは、タレカツの経営者であると同時に経営コンサルタントでもある私が、「ご当地グルメ」「東京での飲食店開業」という貴重な経験をお伝えしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。