スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割り箸を使わないことが本当にエコか?

昨日から店で使う割り箸を「竹」から「杉」に変更しました。

割り箸は環境破壊につながるので良くないと考える人もいるようですが、山を維持するために管理伐採した国内産の間伐材を使用した箸であれば、かえって環境保全につながるものと思っています。


飲食店によっては割り箸を廃止しプラスチック製の箸を導入しているようですが、そもそもプラスチック製であることが環境に良いかといえば疑問です。

また箸を洗う際には合成洗剤や水道水も使うわけで、環境への負荷をきちんと評価せず、「割り箸=環境破壊」と単純に考える発想に、むしろ環境を考えていないのではという逆説的な見方をしてしまいます。


同様に、リサイクルペーパーを使った名刺を使用している企業についても、「私たちはエコを考えている企業です」と言わんばかりで、むしろ鼻に付いてしまいます。

そういう企業の営業マンに限って、何枚もの紙を綴じた資料を平気で提出してきます。
サマリーのみを1枚出力して後はPC画面で見せるとか、後日データを送信するとかで対応するほうがはるかにエコでスマートな感じがします。


そんなわけでタレカツでは間伐材のスギ箸に変えました。
スギの香りも好く、見た目や使用感もこれまでの竹の箸に比べて向上したように思います。
1本あたりのコストは0.5円のアップですが・・・。


※今回の追加経済対策のひとつに、スギ花粉対策としてスギ伐採と広葉樹等への植え替え策があるようです
その際に発生した大量のスギ材は、どう活用するのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

Lagoon International Inc  阿部信明

Author:Lagoon International Inc 阿部信明
東京在住15年。
ホームタウン新潟市で子供の頃から食べていた“新潟のカツ丼”が東京でも食べたくてお店を探したところ1件も無い!?

事業開発やマーケティングが専門分野だとはいえ、飲食業経験ゼロの私が、ただただ自分が食べたいだけの一心で業態開発を決意!!

多くの方々の協力を得て、「新潟カツ丼 タレカツ」を07年6月、千代田区神保町にオープン。

そこでこのブログでは、タレカツの経営者であると同時に経営コンサルタントでもある私が、「ご当地グルメ」「東京での飲食店開業」という貴重な経験をお伝えしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。