スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく

吉祥寺店開業から1年半、ようやく新規の加盟店が決まりました。

場所は神保町一丁目。本店から徒歩約10分の距離です。

靖国通りから中に一本入った立地ですが、本店に比べ店前の通行量は倍以上です。

オーナーは27歳と若く、タレカツに新しい息吹きを吹き込んでくれることを大いに期待しています。

オープンは来月中旬を予定しています。

スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

定番化しそうな新丼

旬の野菜カツ丼が好調です。

top_01_6.jpg


取扱店は本店と吉祥寺店。共に8月1日からの販売です。

カツだけでは飽きてしまう、あるいは食事のバランスに偏りがあるとの思いから考えたメニューが野菜カツ丼。

タレカツ2枚に加え、旬の野菜を4,5種程度パン粉をつけてフライにしたものを丼に載せタレをかけた天丼の様な丼です。

女性客の注文が多いものと予測していましたが実際は男性客からの注文も多く、カツ丼メニュー全体の注文に占める野菜カツ丼の割合は本店で 30%程度です。

女性や若いカップルの多い吉祥寺店では、実に 40%のお客様が野菜カツ丼を注文します。

野菜の原価はカツ2枚と同等かそれよりもやや低めに設定しているため、利益率アップに貢献しています。

また"旬の野菜"を使用するため、新鮮な野菜を安く仕入れることが可能です。

9月上旬から秋の野菜に切り替えます。

季節感、食感、味、色などのバリエーションと原価のバランスを考え決定しなければなりません。

候補としてはサツマイモ、舞茸などのきのこ、蓮根、チンゲン菜、人参、ブロッコリー等々。

野菜カツ丼はこのまま定番商品になりそうです。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

長岡のご当地カツ丼

同じ新潟でも、長岡にはタレカツ丼とは異なるご当地カツ丼が存在します。

その名は「洋風カツ丼」。


2010081513030001.jpg


洋風カツ丼とは、お皿にご飯を盛り、その上にトンカツをのせデミグラス風ソースをかけたプレートランチ。

"丼"と名乗っていますが丼ではありません。

「小松パーラー」という洋食店が80年以上前から提供する歴史のあるメニューです。

ただ残念ながら小松パーラーは閉店しています。

今回、「小松パーラー」 の味を踏襲する「レストランナカタ(長岡市坂之上町)」へ。

デミグラ風のソースは、ケチャップベースのオリジナルのソースで小松パーラーのレシピということ。

早速いただきました。

正直、ソースが重い。ケチャップなどを小麦粉でのばして作ってるのでしょう。

そのため口の中でモタつく感じです。

80年も前のこと。おそらく長岡でも手に入りやすい材料で、デミグラスソースを真似て作ったソースと想像されます。

どこか懐かしさはありますが、このままの形で東京でやっても難しいと感じました。

発祥したその地でいただくことに意味のあるご当地メニューでした。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

カツ煮

新潟限定、セブンイレブンのたれかつ弁当を早速試食。

2010081414370000.jpg

カツにタレ味は着いていますが、別でタレ入りのパックが添えてありました。

このタレをまずは味見。

とろみと甘さが強めです。みたらし団子のタレを水で4,5倍にのばしたと言えばお分かりいただけますね。

味に深みがありません。


次にカツ。

さすがに揚げたてのサクサク感は望めません。

タレのしみ具合は、サッと潜らせたずに軽く煮ているため、しっとりを超え「べちゃべちゃ」状態です。

衣と肉の結着具合は最悪で、衣が簡単に剥げてしまいます。

2010081414390001.jpg


他社のたれかつを客観的に評価するのも難しいですが、これははっきり言ってダメですね。

価格は498円。費用対効果も低いと思います。

残念。

それにしても案外売れています。

15分程度の定点観測でしたが、この間「2食」売れていました。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コンビニ間で競争激化中?

久しぶりに新潟に来ています。

墓参りと海水浴が目的でしたが、夜半からの激しい雨で海どころではありません。

そんな中、郊外のセブンイレブンに寄ってみると陳列棚にアレが山になっていました。

「たれかつ弁当」です!

2010081316320000.jpg


どうやら新潟では今、各コンビニが競って「たれかつ丼(たれかつ弁当)」を販売している様子。

本当は、にぎり寿司やへぎそばが食べたいところですが、これも仕事。

試食の結果は後ほどお知らせします。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

Lagoon International Inc  阿部信明

Author:Lagoon International Inc 阿部信明
東京在住15年。
ホームタウン新潟市で子供の頃から食べていた“新潟のカツ丼”が東京でも食べたくてお店を探したところ1件も無い!?

事業開発やマーケティングが専門分野だとはいえ、飲食業経験ゼロの私が、ただただ自分が食べたいだけの一心で業態開発を決意!!

多くの方々の協力を得て、「新潟カツ丼 タレカツ」を07年6月、千代田区神保町にオープン。

そこでこのブログでは、タレカツの経営者であると同時に経営コンサルタントでもある私が、「ご当地グルメ」「東京での飲食店開業」という貴重な経験をお伝えしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。